終末期ケア上級専門士
にできること

WHAT A SPECIALIST CAN DO

CONCEPT

組織と人を「育む」

終末期ケア上級専門士は、終末期ケアの学識や知識の習得だけにとどまらず、チームマネジメントにも力を発揮できる役割モデルを目指します。

終末期ケア上級専門士になると活動の幅が広がります。
上級専門士取得後にできることを見ていきましょう。

1

自施設での勉強会開催をサポート

終末期ケア上級専門士は、自施設で勉強会を実施するときに当協会の講義システムを利用できるようになります。この講義システムは、終末期ケア専門士の公式テキストを基にした項目で構成されています。資料をわざわざ1から作ることなく、自施設のケアの底上げを目指すことができます。

終末期ケア上級専門士が講義をするための研修会も開催するため、自分自身の学びの確認にもなるでしょう。
職場での活躍の場を広げ、終末期ケア上級専門士として終末期ケアを学ぼうとする仲間を支援する存在になります。

2

あなた自身も発信者になれる

当協会は、いろんな職種がお互いに教え合い、学び合える環境を作りたいと考えています。その機会を作る一環として、希望に応じて、当協会の運営サポーターとなることができます。

・JTCAゼミの執筆
・協会公式イベントのサポート(企画・運営・ファシリテーターなど)
・その他、プロジェクトメンバー

現場では体験できない活動に携わることで、医療や介護以外の業種の方とも出会うことができ、視野が広がります。執筆に必要な知識、コミュニティ運営に必要なファシリテーターのスキルなどは、現場にも役立てることができます。
もちろん、活動に対する予算を受け取ることもできます。予算には、活動される方の活動費も含まれています。

当協会には顧問弁護士や顧問社労士、顧問税理士もおり、あなたが発信者となっていくうえでのサポートをいたします。そこで得た知識は仕事をする上であなたの大きな力となります。
これからの時代、専門職の働き方は多様化していかなければいけません。現場で得たことを社会に落とし込んでいく仕組みが必要です。

それが受け入れられる土壌を作っていくことも自分たちの価値を高める一歩となります。

3

自主勉強会の企画・開催ができる

終末期ケア上級専門士どうしでつながりながら、自分たちで勉強会を企画・開催することができます。皆さんも何か現場で困ったときに、異なる職種の方に質問し、学ばせてもらった経験があるのではないでしょうか。専門的でコアな内容ではなくても、日常の「あれ?」のヒントを見つける場所を自分たちで作ることができます。
あなたの知識を「知りたいひと」がいます。あなたの知りたいことを「教えてくれる人」がいます。

お互いの価値交換を自由に行える場所。
遠いけど近い、そんな仲間がいる場所。

そんな場所を作っていきましょう。

2022年3月11日申込開始

終末期ケア上級専門士
【公式テキスト】
目次

第1章
終末期ケアの多様性

1.病院における終末期ケア
 - 緩和ケア病棟の役割 -
  • はじめに
  • 病院での看取りの推移
  • 緩和ケア病床(病棟)の推移
  • 緩和ケアとは
  • 緩和ケア外来の機能
  • 緩和ケア病棟とは
  • 緩和ケア病棟の特徴
  • 緩和ケアの実際
  • 地域連携室の役割
  • 地域の中での緩和ケアの役割
2.病院における終末期ケア
 - 緩和ケアチームの役割 -
  • はじめに
  • 緩和ケアチームとは
  • 緩和ケアチーム数の推移
  • 緩和ケアチームの役割
  • 緩和ケアチームにおける薬剤師の役割薬剤指導の意義
  • 薬剤師と他職種の連携
  • 事例
  • 最後に
3.在宅における終末期ケア
  • 在宅医療の状況
  • 訪問診療とは
  • 在宅における終末期の治療
  • 終末期における訪問看護の役割
  • 終末期における訪問リハビリテーションの役割
  • 終末期における薬剤師の役割
  • 在宅医療を支えるチーム医療
4.高齢者施設における終末期ケア
  • はじめに
  • 高齢者介護施設における看取りの背景
  • 高齢者介護施設とは
  • 高齢者介護施設における看取りの在り方
  • 看取りの体制づくり
  • 看取りのプロセス
  • 看取り期の日々のケアの在り方
  • 疼痛緩和
  • 心理社会的ケア・スピリチュアルケア
  • 看取りにおける家族ケア
  • 高齢者介護施設における看取りの課題と対応
  • 最後に
5.AYA 世代がん患者へのケア
  • AYA世代病棟とは
  • AYA世代特有の苦悩とは
  • AYA世代への支援のポイント
  • 事例
6.こどもホスピスにおけるケア
  • こどもホスピスの推移
  • 小児がんの患者数・死亡数
  • こどもホスピスの設立目的と社会的意義
  • こどもホスピスの特徴
  • こどもホスピスに携わる職種と役割
  • こどもホスピスで行われるケア
  • こどもホスピスで行われることの多い医療的処置
  • 小児緩和ケアの社会的課題
  • 夢企画について
  • 最後に
7.救急・集中治療部における終末期ケア
 - 現状と課題 -
  • 救急・集中治療部における終末期ケアの現状と課題
  • 救急・集中治療部での意思決定支援を含めた終末期ケア
  • 救急外来・集中治療部の現場での意思決定支援
  • 求められる救急・集中治療部での終末期ケア
  • 日本人の死生観と救急・集中治療部での終末期
  • 最後に
8.救急・集中治療部における終末期ケア
 - 緩和ケアの視点から -
  • はじめに
  • 世界ではどんな研究がなされてきたか
  • 救急現場に関わる医療、介護者に求められるもの
  • 最後に
9.産科における看取りケア
  • はじめに
  • 統計から見る産科における死
  • 日本における出産場所の変化とニーズの変化
  • 産科の持つイメージのギャップ
  • 産科における死の実際
  • 胎児が亡くなった時
  • 児と両親へのケアの実際
  • いのちの教育
  • いのちを守る取り組み
  • 最後に

第2章
他学問から学ぶ、ケアの本質と組織マネジメント

1.死生学
  • 死生学とは
  • 日本における死生観の変遷
  • 宗教と医療のかかわり
  • 死を考えることの意義
  • 最後に
2.喪失学
  • はじめに
  • 喪失とは何か
  • 喪失の諸相
  • 喪失がもたらす影響
  • 喪失に向き合う
  • 援助者自身の喪失とそのケア
  • 最後に
3.哲学とは何か
 - 哲学を医療に役立てる -
  • はじめに
  • 哲学と科学
  • 事実をめぐる対立
  • 欲望–関心相関性の原理
  • 信念対立の克服
  • 本質観取
  • 本質観取の手順
  • 5つの観点
  • 最後に
4.教育学
 - 教育の学問的英知 -
  • はじめに
  • 哲学部門
  • 〈自由〉に生きるための〈教養=力能〉とは何か?
  • 学びの個別化・協同化・プロジェクト化の融合
  • 〈相互承認〉の感度を育む
  • 最後に
5.心理学
  • はじめに
  • 科学としての心理学が確立するまでの歴史
  • 終末期ケアに関連する心理学分野
  • カウンセリングと心理療法の基礎理論
  • 全人的アプローチについて:生物・心理・社会モデル
  • ストレスの心身への影響
  • トラウマとは何か
  • 医療・介護現場でできる対処法
  • 終末期ケアにおける心理学の役割
6.行動経済学
 - 終末期ケアに携わる医療・介護従事者に
 必要なこと -
  • はじめに
  • 医療現場における意思決定と行動経済学
  • プロスペクト理論
  • 参照点としての死に関する価値観
  • 最後に
7.法学
  • 働き方改革について
  • 労働時間法制の全体像
  • 労働時間とは
  • 勤務間インターバル制度
  • 労働時間把握義務
  • 副業・兼業と労働時間
  • 法的観点から見た安楽死と尊厳死
  • 「安楽死」の適法性について
  • 尊厳死(治療行為の中止)の適法性について
8.脳科学
 - モチベーションを科学する -
  • 脳科学とはどんな学問か
  • 性格とはなにか?
  • アイデンティティとはなにか?
  • 集団が持つ性格やアイデンティティ
  • モチベーションとは
  • モチベーション・マネジメント
  • 燃え尽き症候群とその対策
  • 組織運営に脳科学を役立てるには
9.経営学
  • はじめに
  • 経営理念
  • 組織とヒト
  • モチベーション
  • リーダーシップ
  • 最後に
10.デザイン学
  • デザインとは
  • デザインの流れ
  • プレゼンテーションのデザインとは
  • 話の組み立て方
  • 見た目を整える8つの法則
  • 身の回りのデザインに興味をもとう
  • 伝わらないを伝わるに変える
  • 最後に

終末期ケア上級専門士
公式テキスト執筆者一覧

【第1章】終末期ケアの多様性

岡本 禎晃

市立芦屋病院薬剤部 部長

宮田 智恵子

国家公務員共済組合連合会 六甲病院 緩和ケア病棟 看護師長 緩和ケア認定看護師

宮武 佳菜枝

医療法人健仁会 がん看護専門看護師 日本終末期ケア協会コアメンバー

中嶋 真一郎

医療法人健仁会 アイルすまいるクリニック 緩和ケア内科医

皆川 美穂

訪問看護ステーションわたぼうし west がん看護専門看護師

山下 一彰

医療法人社団林山朝日診療所 訪問看護ステーションわたぼうし 理学療法士

加藤 信幸

株式会社GIFTED代表 アクア薬局 薬剤師

橋本 美香

東北文教大学短期大学部 人間福祉学科 学科長

泉谷 恵子

地方独立行政法人大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター
AYA 世代病棟 看護師長

市田 佳代

地方独立行政法人大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター
小児看護専門看護師

横井 夢律美

地方独立行政法人大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター
緩和ケア認定看護師

鍋谷 まこと

淀川キリスト教病院 統括副院長 小児科主任部長

小西 恵理

淀川キリスト教病院 小児科副部長

羽鳥 裕子

淀川キリスト教病院 看護部

與賀田 洋

愛野記念病院救急認定看護師 N4 副理事 日本終末期ケア協会アドバイザー

松本 勉

済生会長崎病院 N4 理事 日本終末期ケア協会アドバイザー

新城 拓也

しんじょう医院 緩和医療専門医 日本終末期ケア協会アドバイザー

堀川 絵美

社会福祉法人頌栄会 認定こども園頌栄保育園 看護師 ・ 助産師

【第2章】他学問から学ぶ、ケアの本質と組織マネジメント

西岡 秀爾

上智大学グリーフケア研究所客員所員 崇禅寺副住職
日本終末期ケア協会アドバイザー

坂口 幸弘

関西学院大学人間福祉学部人間科学科 教授

苫野 一徳

熊本大学教育学部 准教授

藤本 昌樹

東京未来大学 こども心理学部 教授

平井 啓

大阪大学人間科学研究科 准教授

藤原 孝洋

神戸中央法律事務所 日本終末期ケア協会 顧問弁護士

佐藤 洋平

オフィスワンダリングマインド代表 脳科学者

岡村 景明

岡村税理士事務所所長 株式会社ミライズ代表取締役
税理士・経営品質協議会認定セルフアセッサー 日本終末期ケア協会 顧問税理士

河田 悠輝

カワッタデザイン代表 日本終末期ケア協会デザインアドバイザー

返品について

商品の破損または注文と違うなどの初期不良の商品が到着の場合は、責任を持ってお取り替えさせていただきます。

商品到着後7日以内に、宅配便にて送料弊社着払いでご返送ください。

運送中の破損・不着に関しましては、直接運送会社へお問い合わせください。

初期不良以外のお取り替え・返品はお受けいたしかねますが、商品到着時にご不明点等ございましたら、E-mailでお知らせください。

再送について

住所間違え、不在のためテキスト受け取れずに販売店に返送になった場合、再送の手数料を別途いただきますのでご注意ください。

公式テキストはこちら